2014年の目標

2月も終わりに近づいていますが、今一度2014年の目標を考えてみます。 昨年は自らの考え方への大きな転機があったものの、胸を張れる成果が残せなかったように思います。 一昨年くらいまでは、ハイプ・サイクルで言う「安定期」に近いところの技術を中心にやっていたこともあり、新しい技術に取り組みつつも成果を残して行くということを大切にしていましたが、昨年頃から徐々に黎明期よりの技術へとシフトして行き、…

続きを読む

2013を振り返って

あけましておめでとうございます。 あけましたが、昨年を振り返ります。 2013年は自分にとって大きな変化のあった年ではないかと思います。 変化と行っても、会社が変わったとか、組織が変わったとか、仕事上の役割が大きく変わったとか、家庭環境が変わったとか、そういう外的な変化ではなく、自分の中の考え方が変わった一年でした。 そのきっかけとなったのが人生初の海外出張、アメリカへの出張でし…

続きを読む

2013年、テーマは「コーディング」

2013年、私の目標を考えてみました。 仕事でいうと、2012年度の追い込みという時期なんで、 あんまりこのタイミングで1年間の目標を考える事ってないのですが、 せっかくなのでブログメンバーに乗っかって目標を立ててみます。 昨年はクリシンでスタートダッシュを切って、 その勢いで、色々やって突っ走った感があり、 それはそれで良かったんですが、 一番の反省はコードの書く量が減っ…

続きを読む

辰年をフリカエル

辰年という事で、 愛する我がプロダクトのGA版公開もあり、 私にとって「Xenlon Year」だったのかな? と振り返ってみる。 年明け早々、会社の昇格面接、グロービス、リリースと どれも手を抜く事なく、全力のスタートダッシュを切った。 その甲斐あって、本当にいい年だったと思う。 グロービスでのクリティカル・シンキングの受講。 今の自分に必要な事は何なのか? …

続きを読む

Make the Future Java〜関Javaスペシャルのレポート

Make the Future Java 「Javaの未来を作る。」「未来をJavaで作る。」 2つの意味があるとのこと。良い言葉だ。頂き。                   Make the Future Xenlon こちらのレポートでは普通に「未来のJavaを作り上げよう」だったけど気にしない。 「関西Javaエンジニアの会スペシャル! JavaOne 2012」に参加し…

続きを読む