君たちはどう生きるか、ってアドラー心理学っぽい

前回、買うぜ!と書きましたが、amazonでポチッて届いて読みました。 君たちはどう生きるか: Meet Up 大阪 @ bloghttp://www.meetuposaka.com/article/454525049.html 漫画を読み切ってから、手紙のところを読みました。そして、もう一度、前から順に、素直に漫画と手紙を読みました。文章のココがよかった、という細かいところはまた書…

続きを読む

過剰なサービスをし続けているのではなかろうか

こんばんは、komeshogunです。 このお決まりゼリフもほかの共同執筆社の方と区別してもらうために、当初から初めたものです。でも、もはや要りませんかね。だいたい更新されたら、「どうせお前だろ」くらいに思われているかなと思います。今回もどうせな奴です、すいません。 今回は、ふと思ったことです。 これだけこだわっているけど、果たしてだれか喜んでいる人はいるのか?喜んでいるのは、自分だけ…

続きを読む

自分の職場は「気軽に聞ける」のだろうか?

今年は、スペシャで夏フェスの番組がめっちゃやっているので、それを楽しみにしています。いつか、ライジングサン行きたいなあ。子供と一緒にフェスに行くのも夢になりました。 さて、今回は久しぶりに「心理的安全性」についてです。年末にも書いて、その後も何回か書いています。 生産性を向上させるために必要な4つのこと: Meet Up 大阪 @ bloghttp://meetuposaka.seesa…

続きを読む

君たちはどう生きるか

漫画 君たちはどう生きるか - こんばんは、フライヤーさんのインタビュー記事をぼけーっと読んでました。 歴史的名著をベストセラーとして蘇らせた漫画家 | 本の要約サイト flier(フライヤー)https://www.flierinc.com/interview/interview085 これを読んでいて、なんか面白そうと思って、ちょっとググってみました。そしたら、漫画家の方がnoteも…

続きを読む

[育児]なんでそんなことやったの?とは言わないで

すっかり涼しくなりましたね、毎年季節が変わることになると風邪をひいてしまっています。さて、今回は育児ネタです。でも、育児だけに限らず、仕事の場など人とのコミュニケーションでも通じる話です。 子どもも4歳になると、いっちょまえです。これまでは、親の真似をしたり、言葉のボキャブラリーもすくなかったです。でも、自分なりに動き回って、チョカチョカしたり、ふざけたりしています。 悪いことをあえてし…

続きを読む